お帰りの前に

今日は何か得るものはありましたでしょうか。

どちらかというと耳の痛い内容が多いという印象をもたれたことでしょう。私もそれは重々承知しているのですが、それでも、世界の中でこの国の置かれている状況や、ソフトウェア産業を取り巻く情勢を考えると、嫌われても言わざるを得ない、と言うのが私の率直な気持ちなのです。まさに「暁鐘」の気持ちなのです。

どう考えても、ソフトウェア・エンジニアの皆さんには、モラトリアム(猶予)は与えられていないのです。しかしながら周囲の様子が依然としてモラトリアムに慣れ切っていることもあって、そのことに気付かないかも知れませんが、もう少し高い所から回りを見渡してもらえば、危険な状態が見えるはずです。

「正しいことは、相手を傷つける可能性がある」ことは承知しています。私もコンサルティングの場などのように1対1の場合は、この真理を踏まえて行動しているつもりですが、このホームページのように不特定の方を対象とする場合は、そのことは脇に置かざるを得ません。ですから、私としてはこの「場」と使ってこれからも容赦なく鐘を撞き続けるつもりでいます。

なお、このホームページをより充実したものにするためにも、此処から得たもの、得られなかったものなどを、ぜひメールでお知らせ下さい。また、このホームページの主旨に合うようなホームページがありましたら、ご紹介下さい。リンクを張らせて頂きたいと思います。逆に、このホームページも、よかったらリンクを張って下さって結構です。

ソフトウェア・エンジニア全体の地位は、皆さん一人ひとりの協力に懸かっているのです。各自が現状に負けることなく、仕事に対するプライドを持って頂かなければ、ソフトウェア・エンジニアの地位は向上しません。

このホームページは比較的頻繁に内容を更新していきますので、これからも

  ・仕事に行き詰まったり、マンネリ化しているなと感じたとき

  ・自分の立っているところが見えなくなったとき

  ・新たな取り組みのヒントが欲しいと思ったとき

には、何時でもこのホームページを覗いて下さい。